受付/平日 
9:00~18:00
TEL. 047-321-6124

  • メルマガ登録
  • お問い合わせ

お役立ち情報

【薬事法・景品表示法コラム】特許表現は使用可能なのか?

【薬事法・景品表示法コラム】特許表現は使用可能なのか?

以下のような広告の場合、どこまで表現できるのでしょうか。
薬事法、景品表示法の観点より誌上添削を行ってみます。

=====
特許取得の乳酸菌が小腸まで届く!
まずは、14日間トライアル
本品2000円相当⇒お試し価格500円
=====

まず、薬事法の観点より
●特許の表記は、薬事法違反、修正が必要 (特許及び特許申請中の表現は不可)
●14日間と限定している部分も薬事法違反、用法用量に抵触

景品表示法の観点より
二重価格表示の表記をしていますので、二重価格表示の規定を守る必要があります。
更に、本品2000円相当⇒実際に適切な販売実績がなければ、有利誤認=不当表示となります。
不当表示で記憶に新しいのが・・・
楽天の日本一セールでは元値をさらにつり上げ「77%オフ商品」のねつ造。

また、少し前の事例では・・・
グルーポンのおせち:二重価格表示違反(有利誤認)、優良誤認。

以上、ちょっとした広告表現でもこれだけの規制がかかってきます。
複眼的に、適切に理解しましょう。

では、どのように特許表現を使用すればよいのか、弊社セミナーで詳しく解説いたします。
========
弊社サービス一覧はこちら・・・
メールマガジン登録はこちら・・・
========