受付/平日 
9:00~18:00
TEL. 047-321-6124

  • メルマガ登録
  • お問い合わせ

お役立ち情報

【薬事法コラム】商品パッケージはどこまで表現すべきか?

【薬事法コラム】商品パッケージはどこまで表現すべきか?

弊社クライアント及び新規の添削希望でよくご質問されるのが、
「パッケージ表示」はどこまで表現すべきか?

薬事法上、
白:合法
グレー:違法だけれども指導を受けない範囲
黒:明らかに薬事法違反 逮捕・指導対象

*行政に問合せをすると、グレーはないと必ず言われます。行政では、白か黒のいづれかのみで、運用上グレーな範囲とは存在しないと表現されます。
実際には・・・
運用上、指導をしてもしかたがないレベルの表現もあるもの。

本題の「パッケージ表示」はどこまで表現すべきか?

答えは
「可能な限り 白」にする

リスクとして
行政より指導が入った場合、全品改修の可能性があるため、できるだけそのリスクを減らすべきでしょう。
では、どのようにリライト・添削をするのか。
弊社セミナーか添削サービスをご利用ください。

========
弊社サービス一覧はこちら・・・
メールマガジン登録はこちら・・・
========