受付/平日 
9:00~18:00
TEL. 047-321-6124

  • メルマガ登録
  • お問い合わせ
  • トップページ

お知らせ

来年度導入の機能性食品 商品企画・開発の選択肢  に関するメールマガジンを配信しました

来年度導入の機能性食品 商品企画・開発の選択肢 に関するメールマガジンを配信しました

来年度以降の、商品企画・開発の選択肢を検証してみましょう。
商品カテゴリ毎に表現できることが変わります。
例えば、美容系サプリメント(加工食品)の場合
・一般加工食品(いわゆる健康食品):薬事法上、効能効果は不可
・新たな機能性食品:上記のように、部位訴求ができるため、
⇒肌の健康増進・維持に役立つ○○という成分を配合している
等の表現ができるようになります。(現状では、ガイドラインが出ていないため、想定される表現として、ご理解ください)
部位訴求をしたい場合、「新たな機能性食品」以外では商品開発はできないのか。
実際にはあります。
今後の一般加工食品に関する、商品開発、商品企画において、
参考となるメールマガジンを配信いしました。