受付/平日 
9:00~18:00
TEL. 047-321-6124

  • メルマガ登録
  • お問い合わせ
  • トップページ
  • お役立ち情報
  • 【景品表示法コラム】プレイバック「食べログ」に関する留意点 口コミサイト及び比較サイトにおける注意

お役立ち情報

【景品表示法コラム】プレイバック「食べログ」に関する留意点 口コミサイト及び比較サイトにおける注意

【景品表示法コラム】プレイバック「食べログ」に関する留意点 口コミサイト及び比較サイトにおける注意

産経新聞よりの記事

『飲食店の人気ランキングサイト「食べログ」で、やらせ業者が好意的な口コミ投稿の掲載を有料で請け負っていた問題で、消費者庁は5日、景品表示法(不当表示)に抵触する可能性がないか情報収集などの調査を始めた。

同庁は昨年10月、ネット上の広告表示で消費者トラブルが後を絶たないことから、業者が注意すべき留意事項を作成。問題点として、食材の産地偽装や商品・サービスの効果に対する誇大表示を挙げている。

食べログの月間利用者は延べ約3200万人に上っており、同庁は「閲覧者はサイトの評価を基に判断している」と指摘。消費者を誤認させるような操作がなかったか調査する。
運営会社のカカクコムはこれまでに、飲食店コンサルティング会社などを名乗るやらせ業者39社を特定、業務停止などを求める提訴も検討している。』
(『産気新聞』 記事より引用)

本記事に関して、本日、消費者庁へ確認したところ、
現時点で、調査を開始していると告知した事実はない
とのこと。

しかし・・・

弊社のメルマガ記事にて、取り上げている通り。
消費者庁は11年10月28日に、景品表示法
インターネット消費者取引に係る広告表示に関する通達が公表しています。

インターネット広告に関する留意点として
●フリーゲーム
●アフィリエイト
●口コミサイト
●フラッシュマーケティング(共同購入)
●ドロップシッピング
に関して、優良誤認・有利誤認の注意喚起をしています。
口コミサイトが、有料でランキングに反映するサービスを
行ってもそれ自体では、景品表示法違反とはなりません。

問題は、内容の部分によります。
例えば・・・
化粧品であれば、薬事法上決められている効能効果の範囲を
著しく超えた効果を掲載させる。

食品でえあれば、外国産の材料を、国産と偽って
掲載させる。

このような行為があれば、景品表示法として処分対象と
なります。
~~~~~~~~~~
=弊社メルマガより=↓↓

『インターネット消費者取引に係る広告表示に関する
景品表示法上の問題点及び留意事項』消費者庁より一部引用

==============
●口コミサイト
●アフィリエイト
==============
●コミサイト
いわゆる「口コミ」情報(人物、企業、商品・サービス等に
関する評判や噂など)を掲載するインターネット上のサイト
(ブログや、口コミ情報を書き込める旅行サイト、
グルメサイトなどを含む)

問題となる事例
○ 広告主が、ブロガーに依頼して、「△□、ついにゲットしました。
しみ、そばかすを予防して、ぷるぷるお肌になっちゃいます!
気になる方はコチラ」という記事をブログに掲載させる
⇒実際には:しみ、そばかすを予防するなどの効果に十分な根拠がなかった

【解説】
特定のブロガー、化粧品の口コミサイトを利用した販促は、
化粧品業界においては、一般的に使用される手段ですが、
この領域に関しても、不当表示は規制していくと示されており、
今後、十分に注意が必要となります。
●アフィリエイト
ブログその他のウェブサイト(アフィリエイトサイト)の
運営者(アフィリエイター)が、広告主が供給する商品・
サービスのバナー広告等をサイトに掲載。当該バナー広告等
を通じて広告主の商品・サービスの購入などがあった場合に、
アフィリエイターに対して、広告主から成功報酬が支払われるもの

問題となる事例
○ 広告主が、バナー広告において、「今だけ! 通常価格10,000円が
なんと!1,980円!! 早い者勝ち!今すぐクリック!!」と表示
⇒実際には:広告対象商品は普段から1,980円で販売されているものであった

○ 広告主が、バナー広告において、「食事制限なし!
気になる部分に貼るだけで簡単ダイエット!! 詳しくはこちら」と表示
⇒実際には:ダイエット効果に十分な根拠がなかった

【解説】
アフィリエイト広告内容に関しては、
アフィリエイターに内容は任せるというものが一般的ですが、
今後、展開する企業側としては、アフィリエイト先の広告までもが
規制対象となることを意味しています。
通販・化粧品・健康食品で一般的なこのような販促方法に関しても
規制が強化されると認識する必要があります。

(『消費者庁資料』より一部抜粋)
~~~~~~~~~~

例えば、「化粧品比較」「化粧品口コミ」「化粧品評判」等の検索ワードを入れた際、
上位より、口コミ又は比較サイトが表示されます。

表示されるサイトは大抵・・

・アフィリエイトで広告収入を稼いでいるサイト
又は
・周到に消費者には分からないように、依頼主が比較サイトと称して、自社の商品をPRするサイト構成となっているサイト
やはり、口コミサイト・比較サイトからの反響もまだまだ大きく、
有効なSEO対策と言わざるおえません。ただ、消費者庁は、「口コミ」「アフィリエイト」サイトへの留意点を表明していますが、「比較サイト」もこの対象に入ると考えた方がよいでしょう。
十分に注意が必要です。