受付/平日 
9:00~18:00
TEL. 047-321-6124

  • メルマガ登録
  • お問い合わせ
  • トップページ

お知らせ

『機能性表示 関与成分だけの訴求で本当に売れるのか?~続 販売チャネルで考察~』に関するメールマガジンを配信しました

機能性表示を展開するにあたり
販売チャネルを考えて表示訴求を適切に考える必要があります。
まずは基礎編として
・店頭
・通販
それぞれについて考察してみましょう。
●店頭向け
スーパーやコンビニなど、店頭では棚(フェイス)に限りがあり、
すべての商品を店頭に並べることはできません。
そこで考えられる展開方法としては、
現状ある商品の機能性表示化で切り替えを進める
~~~~~
ポイントは
【現状の類似商品からのフェイス奪取】
~~~~~
例えば・・・
詳しくは、メールマガジンまたは弊社セミナーをご受講ください。