受付/平日 
9:00~18:00
TEL. 047-321-6124

  • メルマガ登録
  • お問い合わせ

お知らせ

15年9月10日[木] 機能性表示(機能性食品)対策セミナー 予約開始のご案内

平成27年度導入の機能性食品(機能性表示) お申込みはこちら↓↓

http://aksk-marketing.jp/seminar/20150910-2

農林水産物から加工食品に至るまで、これまで薬事法の規制により
部位訴求やその効果を表現することができませんでした。

それが・・
機能性食品・機能性表示の導入により、
「部位訴求」が合法的に表現できる時代へと入っていきます。

現在、大手企業は、その新商品投入にむけて、着々と準備を進めてみます。
そして、徐々に届出番号が公開され、既に、商品の市場投入もされ始めていますが・・・
今いち、当初より注目度が下がっているのでは?
と感じていませんか。

正直に・・・
最も先に市場投入された商品がよろしくない。
・トクホと同様の成分の「難化性デキストリン」
・既に、ノンアルコールビールでトクホが展開されているのに、同様への市場へ展開
⇒消費者は、トクホと機能性食品は何が違うの と混乱するばかりです

そして、
残念ながら、何の創造性も感じられません。
メディアを含めた市場の冷めた反応が如実に物語っています。
しかし、この機能性表示制度には
もっとこの制度を活用した商品化をすることで、新たな市場を創造する
可能性を秘めています。
では・・
我々のような一般企業は、どのように導入すべきか、
新たな市場を創造すべく、
商品開発から広告表現に至るまで、詳しく解説します。

=====
本セミナーでは、
[具体的な開発までの道筋]
[表現内容から逆算した商品開発]について詳しく解説します。
=====