受付/平日 
9:00~18:00
TEL. 047-321-6124

  • メルマガ登録
  • お問い合わせ

お知らせ

消費者庁 株式会社ハーブ健康本舗に対する景品表示法に基づく措置命令

以下、消費者庁ホームページより引用抜粋
『消費者庁は、平成26年9月19日、株式会社ハーブ健康本舗に対し、消費者庁及ぶ公正取引委員会の調査の結果を踏まえ、景品表示法第6条の規定に基づき、措置命令を行いました。
ハーブ健康本舗がウェブサイトにおいて行った「カロピタスリム オールクリア」と称する商品の痩身効果に関する表示について、景品表示法に違反する行為(表示を裏付ける合理的根拠が示されず、優良誤認に該当)が認められました。
表示内容
「食べなかったことに?!」「3大パワーでオールクリア」「『あまい』も『こってり』も『どっしり』もまとめてカロピタ!」食事からのカロリー摂取を阻害し、特段の運動や食事制限をすることなく、容易に著しい痩身効果が得られるように表示していた。
実際
資料は提出されたが、当該資料は当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものとは認められなかった。 』
最近の消費者庁は、痩身効果への摘発を積極的に行っています。
公正取引委員会時代のボウス(BOWS)の摘発内容もしかり、上記のような表記を行う際、必ず合理的根拠資料を有している必要があります。また、そもそも薬事法の観点からすると、薬事法違反の表現でありますが・・
では、どのように合理的根拠資料を準備する必要があるのか、
詳しくは、弊社セミナーやメールマガジンで解説します。