受付/平日 
9:00~18:00
TEL. 047-321-6124

  • メルマガ登録
  • お問い合わせ

お役立ち情報

【景品表示法コラム】プレイバック 食品偽装は続いている

【景品表示法コラム】プレイバック 食品偽装は続いている
消費者庁に移管される前の公正取引委員会時代の食品虚偽表示

2013年末に大きく、メディアに報道されていましたが、
食品虚偽は、残念ながら、日々行われているのではと考えされられます。
以下、公正取引委員会ホームページより引用

『日本ヒルトン株式会社に対する排除命令について
平成20年12月16日 公 正 取 引 委 員 会
公正取引委員会は,日本ヒルトン株式会社が運営する「ヒルトン東京」と称するホテル(以下「ヒルトン東京」という。)内で,同社が運営する「トゥエンティワン」と称する飲食店が提供していた料理に係る表示について調査を行ってきたところ,景品表示法第4条第1項第1号(優良誤認)の規定に違反する事実が認められたので,本日,同法第6条第1項の規定に基づき,同社に対して,排除命令を行った。

日本ヒルトン(株)は,同社の「ヒルトン東京」と称するホテル内で運営する「トゥエンティワン」と称する飲食店において料理を一般消費者に提供するに当たり (1)(ア)例えば,平成20年7月ころから同年9月ころまでの間,同店で一般消費者に提示したメニューにおいて,「特選前沢牛サーロインステーキのグリエ ポテトニョッキとミロトン」及び「特選前沢牛フィレステーキのグリエ ポテトニョッキとミロトン」と(イ)平成20年4月ころから同年9月ころまでの間,ヒルトン東京の正面玄関の前に設置した掲示板等に掲示したポスターにおいて,「「ミシュランガイド東京 2008」にてホテルレストランでは最高レベルの2ッ星を獲得した「トゥエンティ ワン」フレンチ・ダイニングではオーガニック野菜や厳選された前沢牛を用いたフレンチをスタイリッシュな店内にてお楽しみいただけます。」とそれぞれ記載することにより,あたかも,牛肉を用いる料理に前沢牛の肉を用いているかのように表示していたが,当該料理に用いられた牛肉の大部分は前沢牛の肉ではなかった。 (2)前記(1)(イ)のとおり記載することにより,あたかも,野菜を用いる料理にオーガニック野菜を用いているかのように表示していたが,当該料理に用いられた野菜の大部分はオーガニック野菜ではなかった。 (3)平成20年7月ころから同年9月ころまでの間,同店で一般消費者に提示したメニューにおいて,「北海道産ボタン海老のマリネ 紫蘇とジンジャーの香り」と記載することにより,あたかも,当該料理に用いているボタンエビは北海道産のものであるかのように表示していたが,実際には,当該料理に用いられたボタンエビはすべてカナダ産のものであった。』