薬事法・景品表示法・健康増進法のコンサルティング・セミナー マーケティング・商品戦略まで対応

受付/平日 9:00~18:00

電話:047-321-6124

サイトマップ

お役立ち情報(コラム&最新情報)

【薬事法コラム】商品名は違反で成分名は旧薬事法違反にならないの?

 

=====
最近、インターネット広告を中心に
臨床試験や病名、症状の訴求をしている健康食品をみかけます
実際、旧薬事法違反にはならにのでしょうか?
=====

このよなご質問を多く受けます。
実際に回答してみましょう。

 

●商品と連動して、
臨床試験や病名、症状の訴求をしている健康食品
⇒旧薬事法(薬機法)違反となり、摘発対象です。
もっとも重い事例でいくと、逮捕となります。
*三大疾病などの表現をしてしまうと、逮捕につながります
●実際には、
商品ではなく成分のみにフォーカスしている健康食品
以下の条件であれば、合法的に表現が可能となります
・商品連動していない
・商品購入ページへのリンクをしていない
・直接電話などで、商品購入ができない
・あくまでも、成分の健康情報を掲載している
・研究結果が事実であっても、三大疾病などの重い病気に関する記載は控える

以上の条件を適切に守ると
これは、広告ではなく、【記事】扱いとなり、合法的に表現が可能となります。

このあたりの理解を適切に活用すると
販売促進に実は、つながるという事例も多く出てきています。

 

無料メールマガジン配信中

薬事法・景品表示法・健康増進法の最新情報を無料でお届けいたします

お問い合わせ

ご提供サービスに関するお問い合わせは以下までお気軽にご連絡ください

電話:047-321-6124
受付/平日 9:00~18:00
お問い合わせフォームはこちら