薬事法・景品表示法・健康増進法のコンサルティング・セミナー マーケティング・商品戦略まで対応

受付/平日 9:00~18:00

電話:047-321-6124

サイトマップ

お役立ち情報(コラム&最新情報)

【薬事法コラム】食品全般は、【効能効果】は一切ないが原則

 

2015年に入り、食品の機能性表示ばかりが取り上げられているため、
現状の食品、健康食品、加工食品全般も機能や効果があれば、訴求できるのではと誤解しがちなところがございます。

改めて
旧薬事法(薬機法)の観点から・・・
食品全般は、効果や効能があってはいけません。
⇒効能効果があるものは『医薬品』となります。
食品全般は、【効能効果】は一切ない。
このことを念頭に商品設計や原料確認をする必要がございます。

食品の中でも機能や作用がある商品のカテゴリーは
●特定保健用食品
●栄養機能食品
●機能性表示食品
●特別用途食品

となります。
それぞれ基準がございますので、改めて、ご確認ください。

無料メールマガジン配信中

薬事法・景品表示法・健康増進法の最新情報を無料でお届けいたします

お問い合わせ

ご提供サービスに関するお問い合わせは以下までお気軽にご連絡ください

電話:047-321-6124
受付/平日 9:00~18:00
お問い合わせフォームはこちら