【医薬品医療機器等法コラム】健康食品において検証データはどこまで使用できるのか?

受付/平日 9:00~18:00

電話:047-321-6124

サイトマップ

お役立ち情報(コラム&最新情報)

【医薬品医療機器等法コラム】健康食品において検証データはどこまで使用できるのか?

=====
通販のDMなどを見ていると
頻繁にグラフをみかけます。どこまで使用可能なのでしょうか?
=====

医薬品医療機器等法(旧薬事法)の観点より
カテゴリー:健康食品、一般加工食品

この商品、商品の中に入っている成分を用いた実験データ
特に、人試験はすべて、臨床試験にあたり、医薬品医療機器等法違反になり、広告表現として使用することができません。

一方、使用可能なのは、
【一般概論データ】とよばれるものです。

では、具体駅に一般概論データとはどのようなものなのか?
更に、最近は、吸収率に関してのデータもよく使用されています。

詳しくは、弊社メールマガジン、セミナーをご受講ください。

 

無料メールマガジン配信中

薬事法・景品表示法・健康増進法の最新情報を無料でお届けいたします

お問い合わせ

ご提供サービスに関するお問い合わせは以下までお気軽にご連絡ください

電話:047-321-6124
受付/平日 9:00~18:00
お問い合わせフォームはこちら