薬事法・景品表示法・健康増進法のコンサルティング・セミナー マーケティング・商品戦略まで対応

受付/平日 9:00~18:00

電話:047-321-6124

サイトマップ

お役立ち情報(コラム&最新情報)

【景品表示法コラム】株式会社エー・ピーカンパニーに対する景品表示法に基づく措置命令

【景品表示法コラム】株式会社エー・ピーカンパニーに対する景品表示法に基づく措置命令

 

以下、消費者庁HP 報道資料より引用
『消費者庁は、エー・ピーカンパニーに対し、同社が提供する「チキン南蛮」、「月見つくね」、「塩つくね」及び「椎茸つくね南蛮」と称する料理に係る表示について、景品表示法に違反する行為に該当が認められたことから、同法7条1項の規定に基づき、措置例を行いました。』

 

実際
対象の料理に関して、あたかも地鶏利用の暗示をしていたにも関わらず
実際は、ほとんどブロイラーを使用していました。

===
本件、複数のメディア媒体より、取材希望も受けたため、コラムとして掲載します

毎年のように出てくる
このような商品偽造=食品虚偽表示

残念ながら、食品メニュー表示に関して、正確に表示をするという意識は、低いと言わざるおえません。結果的に、このように報道資料として掲載され、各メディアより報道されてしまうと、結果的に「大きな社会的制裁」が待っています。

株式会社エー・ピーカンパニーHPでは
お客様への払い戻し規定を掲載しています。

実際に、数年前に起きた食品虚偽表示=大阪リッツカールトンの返金対応について、返金対象者以上の返金請求をされる報道がございました。

返金対象者でない方からの請求
相当数のクレーム、電話対応に追われます
企業側は、
改めて、消費者に表示をする場合は、必ず景品表示法の規制対象となります。今一度、理解を深める必要がございます。

 

 

無料メールマガジン配信中

薬事法・景品表示法・健康増進法の最新情報を無料でお届けいたします

お問い合わせ

ご提供サービスに関するお問い合わせは以下までお気軽にご連絡ください

電話:047-321-6124
受付/平日 9:00~18:00
お問い合わせフォームはこちら