薬事法・景品表示法・健康増進法のコンサルティング・セミナー マーケティング・商品戦略まで対応

受付/平日 9:00~18:00

電話:047-321-6124

サイトマップ

お役立ち情報(コラム&最新情報)

【景品表示法・販促コラム】科学的根拠・実証資料はどこまで揃えるべきか

 

===
よく自社の商品は、実証データがあるんです
===
こんなことば、あらゆる展示会、営業の場面で言われる言葉です。

では、実際に
どこまでの資料であれば、科学的根拠があると言えるのでしょうか?
景品表示法の観点より解説すると

●N=数
一桁台ですと、根拠資料として認められません

●実際の商品と相関性があるのか
文献資料と実際の商品では、成分数値にあまりにも乖離があるなど
こちらも根拠資料としては認められません

●ラット、細胞試験は
根拠資料としては認められません

以上
複合的に、自社の商品やサービスを中心に
・文献資料
・ラット、細胞試験
・簡易試験
・臨床試験
などの組み合わせを行い、より科学的な制度を上げていく

このような作業が結果的に
他社との差別化につながり、販売促進へと発展つながります

無料メールマガジン配信中

薬事法・景品表示法・健康増進法の最新情報を無料でお届けいたします

お問い合わせ

ご提供サービスに関するお問い合わせは以下までお気軽にご連絡ください

電話:047-321-6124
受付/平日 9:00~18:00
お問い合わせフォームはこちら