薬事法・景品表示法・健康増進法のコンサルティング・セミナー マーケティング・商品戦略まで対応

受付/平日 9:00~18:00

電話:047-321-6124

サイトマップ

お役立ち情報(コラム&最新情報)

【機能性表示コラム】機能性原料 可能性がある原料も

 

先週に3日間開催された「食品開発展2015」in東京ビックサイト

展示会場では
各企業から続々と機能性原料が紹介されていました。

簡単に各原料のステータスを紹介すると・・・
●研究レビュー届出公開済み
●研究レビュー届出中
●研究レビュー準備中
●SRはあるためが、原料を仕入れた企業側で研究レビュー届出を出す
●データが揃っていない

以上のような、各企業でもそれぞれの原料でステータスが違います。
原料を選定する上で、現状のステータスを適切に確認しましょう。
◆どのようなカテゴリの原料であったのか?
・肌系:ヒアルロン酸、エラスチン、セラミド
・脳系(物忘れ、神経)
・数値系(尿酸値、内臓脂肪、体脂肪)
・睡眠系
上記のカテゴリの中でも弊社が注目するのが
□複数社から出されていた「セラミド」
角質層に関するデータが揃っていた入りと・・・
⇒旧薬事法の観点からも、角質層に注目することは理に適っていることであり、消費者に対して訴求しやすいと判断します。

□悩み解消の「睡眠系」
不眠や睡眠改善は、多くの日本人が悩んでいるカテゴリであり、
機能性表示として可能性を感じます。

 

一方、展示会を通して
独自性の高い成分や生鮮食品関連、
複数社が準備している注目成分 は、残念ながら展示されていませんでした。
(注目成分は、自社又は特定のOEMで届出がされるはずです)

 

無料メールマガジン配信中

薬事法・景品表示法・健康増進法の最新情報を無料でお届けいたします

お問い合わせ

ご提供サービスに関するお問い合わせは以下までお気軽にご連絡ください

電話:047-321-6124
受付/平日 9:00~18:00
お問い合わせフォームはこちら