健康増進法のコンサルティング、広告表現チェック・添削、研修、セミナー

受付/平日 9:00~18:00

電話:047-321-6124

サイトマップ

category 広告の悩みを解決する

健康増進法の広告表現チェック

最新の健康増進法に対応した広告表現チェックを行います

近年の健康食品市場において、
栄養機能食品化というのがトレンドになっています。
薬事法において、健康食品が効能効果を訴求してしまうと、薬事法違反となりますが、栄養機能食品にすることによって、合法的に、効能効果を表現することができるようになるからです。

そして更に、
2015年度以降、『機能性食品』を中心とした新たな健康食品市場が出来ることが確実となっています。

2013年度6月の閣議決定で出された「規制改革」に記載されている『機能性食品』
2014年度中の措置を目指しており、その中心となっているのが、消費者庁の管轄する健康増進法です。

我々企業にできることは、今の段階から『機能性食品』を目指して、商品化を進めること。
そして、先行者利益を目指すことです。

【規制改革の背景】とは
まず、なぜこのような規制改革がなされるのか?

年6月に出された【閣議決定】での【規制改革】
その内容は・・・
エネルギー、環境、保育、健康・医療分野

『規制改革の観点と重点事項
「病気や介護を予防し、健康を維持して長生きしたい」
との国民のニーズに応え、世界に先駆けて「健康長寿社会」を実現するため』
(「閣議決定」より引用)

医療、医薬品、医療機器を含め、我々に関係のある
「機能性食品」「特定保健用食品」「栄養機能性食品」の改革が含まれます。

医療から健康まで

ここには・・・
日本国民 全体を可能な限り健康な体を維持してほしいという意図があります。
一旦、病気になってしまうと、亡くなるまでの間、健康保険が使われ続け、この事が国の財源を圧迫しています。

つまり、可能な限り、健康食品を積極的に摂取して頂き、亡くなるギリギリまで健康な状態で生き、できるだけ健康保険を使わないようにしていきたい。その施策が国の意図であり、背景です。

新たな健康食品の枠組み、これが【機能性食品】なのです。

  • 最新の健康増進法を理解したい
  • トクホ・栄養機能食品の成功事例を知りたい
  • 機能性食品の商品化に備えたい
  • 平成26年度措置 規制改革に関する準備を理解したい
  • 栄養機能食品の対象拡大を知りたい
  • 健康食品・加工食品の商品開発・企画に活用したい

健康増進法の目的とは・・・条文より(第一条 目的)

『急速な高齢化の進展及び疾病構造の変化に伴い、国民の健康の増進の重要性が著しく増大していることにかんがみ、国民の健康の増進の総合的な推進に関し基本的な事項を定めるとともに、国民の栄養の改善その他の国民の健康の増進を図るための措置を講じ、もって国民保健の向上を図ることを目的とする。』

ご提供できるサービスは以下の通りです。

健康増進法に関する このようなお悩みはありませんか?

  • 以前は問題なかった商品の広告がNGになり、表現方法と対応策が分からず困っている
  • NGな広告をどのように、リライトすべきか分からない
  • 商品企画・開発の段階から健康増進法の対策が分からないで困っている
  • 機能性食品の対策を練りたいが詳細が分からない
  • 合法的に健康食品・加工食品の効能効果を表現したいが、よく分からない
  • トクホの広告表現で悩んでいる
  • 今のところ問題は起きていないが、最新の健康増進法に沿った広告表現を確認したい

健康食品・化粧品・加工食品など
こちらの事例も合わせてご覧ください

  • 健康食品

    健康食品

    健康食品・栄養機能食品・
    トクホ商品の広告表現改善事例

  • 健康食品

    化粧品

    化粧品(スキンケア・メイクアップ)の広告表現改善事例

  • 健康食品

    加工食品

    加工食品の
    広告表現改善事例

  • 薬事法 健康・美容ビジネスの攻めと守りの広告表現
  • 景品表示法 景品表示法の法令に基づいた広告表現
  • 健康増進法 健康の保持増進の効果に関する最適な広告表現と商品戦略

CONTACT / 電話:047-321-6124 お問い合わせはこちら